EcoWorkナビ 「仕事×環境」を考えたい人のためのサイト

本サイトは2012年4月で活動を終了しました

Web相談コーナー

Web相談コーナー

AND OR
全18件(スレ4+レス14) 1〜18件目表示(スレ1〜4件目表示)


  

11 no_title NEW!
NAME : ミツヤ 2009/06/04 23:41:13 

僕はいま大学3年生で、数学とパソコンのことを大学では勉強しています。大学へ入学するときは、自分の得意な理系の中から将来役に立ちそうな学部を選んで入学しました。大学に入って様々なことに目を向けてみようと思い、いろいろな本を読みました。そこで、自分がやりたいことが環境にかかわることだということに気が付きました。気がついたのは2年生の終わりごろで、学部を変えることはもう遅くてできませんでした。<br>しかし、今年の秋から就職活動が始まりますのであまり時間がありません。環境社会検定の勉強はしていますし、ボランティアにも参加しています。しかし、これだけでは足りないような気がして…。<br>興味があるのは、CSRや環境教育です。まず何から始めていいのか、何が必要なのかがわからなくて…。<br>あと、環境に勉強ができる専門学校はあるのでしょうか?自分で探した限りでは見つかりませんでした。


11-1 NAME : もも 2009/06/06 13:34:16 NEW! 

はじめまして。EcoWorkナビのスタッフのももと申します。
書き込みありがとうございます。CSRや環境教育に興味があるんですね。

ボランティアはどういうボランティアに参加されているんでしょうか??
「これだけでは足りない」と考えるのは就職を考える上ででしょうか?
就職をする上でこの経験をしていなきゃいけないということはありません。
それよりもどういう仕事がしたいのかを明確にしておく必要があると思います。
CSRに興味があるのであれば、企業のCSRレポートなどは読んだりしていますか?もし読んでいないのであれば、下記のサイトからいろいろ取り寄せて読んでみることをオススメします。
http://www.ecohotline.com/


ちなみに環境の勉強ができる専門学校はいくつもあります。
私の知り合いのいるところでも以下のところがあります。

東京環境工科専門学校 http://www.tce.ac.jp/
岐阜森林文化アカデミー http://www.forest.ac.jp/

キーワード検索で「環境 専門学校」と調べればいくつかでてきますので、参考にしてみてください★



11-2 NAME : koei 2009/06/07 02:07:09 NEW! 

CSRや環境に興味があるとの事。
一つずつ、アドバイスを。

○CSR
まず、CSRへの関わり方は3つあると思います。(他にもあると思いますが)
【CSRを支援する】
様々な企業(特に大企業)がCSRに取り組んでいますが、社員に代わって「何をするかを提案する」「事業の具体的なお手伝いをする」ビジネスがあります。CSRの報告書の作成をお手伝いをする仕事もあります。
【CSR部門で働く】
特に大きな企業ではCSRを扱う部門を設置しています。しかし、希望すれば配属されるというわけではありませんし、配属されてもずっといられるわけではありません。
【どの部署でもできる】
どの企業でも社会的な責任があります。それぞれの企業にあった社会的責任を自分が提案すればよいと思います。



11-3 NAME : koei 2009/06/07 02:07:47 NEW! 

続きです

●今から何ができるか
これをすれば確実に就職・配属される、というものではありません。
逆に言えば、「こんな資格があります」「こんな勉強をしました」ということは決定打にはなりません。一見、関係ないかもしれませんが、「今からガンガンOB訪問をする」ことはオススメします。本でも学校でもありません。現場の生の声を聞く。最も企業が大事と考える「コミュニケーション力」を鍛える機会にもなります。

○環境教育
まず、環境教育への関わり方は2つあると思います。
【教師として関わる】
学校の先生になって、環境教育をするという方法です。
【自然学校等のインタープリターになる】
キープ協会やホールアース自然学校などでは自然環境教育のプロである「インタープリター」の研修生になることができます。
詳しくはこちらで。
http://soudankai.eco-2000.net/ecowork/rensai/vol6.html



11-4 NAME : koei 2009/06/07 02:08:17 NEW! 

最後です

●今から何ができるか
教師になるには、教職課程に進んで免許を取って・・という手順を踏まなければならないので、教職課程を取っていなければ取るしかありません。
一方、インタープリターでは、まず研修生になることが必要です。例えば、上記2団体に問い合わせて、研修生になってみてはいかがでしょうか。

●共通すること
就職関連のどの情報を見ても、最も求められるのは「コミュニケーション力」です。コミュニケーション力に比べたら、知識や資格の重要性は非常に非常に低いです。「こういう資格があります」「こういう勉強をしました」と言いたいのは分かりますが、はっきりと何度でも言います。資格の本を読む暇があったら、一人でも多くの社会人と話をしてください。
社会人と話した数は自信にも繋がります。また、話をしているうちに何が必要なのか、何をしなければならないのかも分かってくることでしょう。
どこにいるのか、と聞かれれば、手前味噌ですが、このWEBサイトのサービスを使えばよいと思います。



11-5 NAME : ミツヤ 2009/06/09 19:55:26 NEW! 

お返事を頂き感謝します。
専門学校、CSR、環境教育の詳し紹介はとても助かりました。まだ明確にどこに進むのか決めていないですが、とりあえず紹介していただいたサイトや資料をよんだり、このサイトを通じてOB、OGを訪問してみてこれからの方向性を決めたいと思っています。
資格よりコミュニケーション能力ということには驚きました。企業側がコミュニケーション能力をみるのはやはり面接でしょうか??なぜ四角よりもコミュニケーション能力のほうが重視されるのでしょうか?



11-6 NAME : koei 2009/06/14 16:11:07 NEW! 

お返事をありがとうございました。
「コミュニケーション力が重要なのは何故なのか」は、それこそ、OB訪問などで聞いて明らかにして欲しい、という想いもあります(笑)。
理由はいくつかあるでしょうけど、一つの理由として、日本の企業では「単に何かができる人」を採用するのではなく、社内やチームでの協調性や密な情報共有、人間関係などの方が重要視されるから、ということでしょうか。チームワークが重要ということは、チーム内でのコミュニケーションが特に重要であり、だからこうしたスキルが必要になる、ということでいかがでしょうか。
ちなみに、企業側がコミュニケーション能力を見るのは主に面接ですが、OB訪問でも見ていることもあります。また、コミュニケーション能力は、本を読んでも身につきません。苦手なら実際に話して練習するしかありません。英会話と同じです。



11-7 NAME : ミツヤ 2009/06/15 20:24:20 NEW! 

失礼しました(笑)そうですよね。日本の企業ではチームワークが大切なんですね。わかりました。予定が合い次第OBに訪問したいと考えています。
CSRの件ですが、いくつか読んでみようと思い郵送をお願いしました。ご紹介ありがとうございました。
また何か質問があるときには質問させてください。
そのときはここに書き込んだほうがいいのでしょうか?それともまた新しく新規で質問したほうがいいのでしょうか??



11-8 NAME : koei 2009/06/15 21:45:47 NEW! 

どちらでも構いません。
頑張って下さい。応援しています!
ちなみに、「日本の企業では」と書きましたが、例えば米国等では雇用システムが異なりますから、(全てではありませんが)「何ができるか」「実績は何か」等が採用の決め手となるようです。



11-9 NAME : ミツヤ 2009/06/19 00:49:17 NEW! 

すみません。
すごく不安になってしまったので質問させてください。
僕は大学では一切環境についての勉強はしていません。
OBに訪問しても大丈夫なのでしょうか…
実際に就職活動をしても、知識のない僕を雇ってくれるところがあるのかどうかなどもすごく不安です。内定が全く取れないまま終わるのではないかと…



11-10 NAME : koei 2009/06/19 09:38:40 NEW! 

こんにちは。

その不安は分かりますし、これまで学生からの質問でも多かったものの一つです。googleなどで、「人事 採用 学生」等で検索していくつかのサイトを見てみてください。特に「人事部は学生のここを見ている」というようなものです。

誰も「知識が重要だ」等とは言っていないのが分かるかと思います。

こうした質問をされる学生さんを見ていて、非常に不思議に感じることがあります。「採用では知識が必要だ」とどこの誰が言っているのでしょうか。
ほぼ全ての人事部が「コミュニケーション力が足りない」と挙げているのに、そこを無視?して「知識がない、知識がない」と言う学生さんがあまりにも多いように感じます。
話を戻しますが、OB訪問では「何故、自分は環境に関心があるのか」「自分は(具体的ではなくても良いので)将来、どういう仕事をしたいのか」には答えられるようにして下さい。OBも一般的な環境の話等をしたいのではありません。「あなたは何を考えているか」が知りたいはずです。





17 no_title NEW!
NAME : tomoko 2010/10/08 19:03:17 

はじめまして。私は今大学3年生です。
本来ならば就活活動のはずなんですがどうしても留学したいとの思いから半年間だけなんですがイギリスに行くことに決めました。
そこで、せっかく海外に行くのだからただ漠然と生活するのはもったいないと思い、またたくさんの現地の方と触れ合いたいとの思いもあり以前から環境に興味があるので環境に関する何かを経験してきたいと考えています。
しかしむこうで何ができるかまだいい考えが思いつかず悩んでる段階です。
どうせなら留学から帰国して就活するときにその経験が活かせるものがいいなとも思います。


何かアドバイスありましたらよろしくお願いします。



17-1 NAME : 事務局 2010/10/13 15:54:05 NEW! 

エコワークナビ事務局です。

tomokoさん書き込みありがとうございます。
回答が遅くなり、申し訳ございません。

以下、環境省の福嶋様よりご回答いただきました。

--------------------------
回答者:福嶋慶三(環境省)

私はイギリスのサセックス大学( http://www.sussex.jp/ )の環境・開発・政策の修士(1年)コースに2007年〜2008年の間在籍しておりました。
その観点から、以下のようなアドバイスをさせていただければと思います。

・もしも英語力を伸ばしたいというお考えがあれば、半年であれば、「英語」にまずは専念されることをオススメします(半年というのは、ある程度英語が「使える」ようになることができるギリギリの時間だと思いますので)。英語力は就職活動をする上でも役に立つと思います。

・英語力は既に十分ある、あるいは「副業的」に環境のことに何か関わりたいということであれば、
 ㈰大学の環境関係の講義に出席してみる
 ㈪大学の中の環境関係サークルなどに参加してみる(大学の中で案内されています)
 ㈫地域の環境ボランティアなどに参加してみる(大学の中で案内されているものもあります)
 ㈬企業や役所のインターンシップなどに参加してみる(大学の中で案内されているものもあります)。あるいは、環境関連企業や役所を訪問して、お話を伺う
 以上のようなことができるのではないでしょうか。日本ではできない環境の取り組み、ということでしたら、イギリスは温暖化対策がとても進んでいますので、お役所や企業に直接お話を聞きに行くというのも勉強になると思います(その前提として、日本ではどのような取り組みが行われているのか、イギリスではどのような取り組みが行われているのかをある程度事前にリサーチしておく必要がありますが)。例えばですが、イギリスと日本で、同じ業種を比較して、その環境面での取り組みの違いを研究する、というのも1つではないでしょうか。

 サークルやボランティア、インターン(ヒアリング)などは、ある程度英語ができないとハードルが高くなりますが、ぜひ前向きに取り組んでみて下さい。私自身も現地で様々な活動に参加して、とてもよい経験ができましたので。とても貴重な半年間になると思います。応援しています!



17-2 NAME : 事務局 2010/10/14 13:26:51 NEW! 

エコワーク事務局です。

別の方からもご回答をいただきましたので、
掲載致します。ぜひ参考にされてみてください。

---------------------------------------------------
回答者:東京農工大学大学院 農学府 自然環境保全学専攻 修士2年 H氏

・2006年に3週間、UKノーフォーク地方のNorwichに滞在
 目的は英語と環境問題の勉強
・ドイツ、スウェーデン、イタリア、香港などへの
 環境活動・学習をテーマとした渡航経験あり
・この一年間、環境系も対象に含めて就職活動
(幸い、強く惹かれた会社から内定をいただきました)
---------------------------------------------------


海外で環境に関する経験をするのであれば、

・一般市民対象のセミナーやシンポジウムに参加する
・企業/NGO/自治体などを直接訪問して話を聞く
・環境問題の現場に赴く
 (ゴミ処理場、核廃棄物再処理工場、自然保護区域、環境対策が充実した施設
など)
・実際に現地の環境団体やイベントでボランティアをする

などが考えられます。


現地で生の体験をするためには、
積極的になって、いろんなところに顔を出すことが重要です。

日本の学生が、環境に関心をもって話を聞きたいというのであれば、
多くの企業/NGO/自治体はウェルカムしてくれるはずです。

ちなみに、私がNorwichに滞在した際には、イギリスの環境NGOに関心があり以下
の団体を訪れて、直接話を聞いたり現場に連れていってもらったりしました。

・Norwich市役所
・イギリスの緑の党<GreenParty>
・グリーンピースUK
・オックスファムショップ
http://www.oxfam.org.uk/shop/Default.aspx

ひとくちに環境といってもとても広いので、
ご自身が特に関心のあるものから調べてみてはどうでしょうか。

エネルギーに興味があるのか、
自然保護に興味があるのか、
温暖化対策に興味があるのか、
ボランティア活動をしてみたいのか、
持続可能なコミュニティに興味があるのか…

「環境」とあまり堅く考えず、好きなことをするつもりぐらいが
ちょうどいいのではないかと思いますよ。


ネットが発達している現代、案外WEBで入手できる情報も多いです。

日本でできる事前の勉強は、十分に行っておいた方が、
現地で得られるものも大きくなると思います。


「帰国して就活するときにその経験が活かせる留学」について

難しいですね…

そのような留学にするためには、○○をしたらいいですよ、
というような決まったことはないと思います。

あえて言うのであれば、現地で関心を持ったことを、
トコトン追及してください。

ちなみに私もこの一年間就職活動をしましたが、
「留学をして、○○という経験をした」だけでは、
採用の際のポイントにほとんどならないと思います。

面接は、質問と受け答えのやりとりを通して、
言葉での情報のやりとりと共に、
そこから見えてくる人間性(?)のようなものに触れることも大きな目的です。

口先で何を言うかではなく、
現地での体験を通して、度胸がつき、視野が広くなり、
自分の関心をつきつめ、失敗も経験し、楽しむ。

それを経たあなたは、口でどうこう言わなくても、
周りからは一皮むけたように見えるのではないでしょうか。

イギリスへの留学が、いい経験になることを祈っています!

追伸:
以下は、私がイギリスを訪れた時のブログです。
ちょっと参考になるかもしれません。

英国スタディツアーブログ
http://asjenglish.exblog.jp/



17-3 NAME : tomoko 2010/10/16 01:05:29 NEW! 

貴重なご意見・アドバイスありがとうございました。
とても参考になる意見ばかりで嬉しく思います。

 正直半年間という短い期間のため、行くこと自体悩んだこともありました。そんな時沢山の社会人の方に相談にのってもらい学生とは違った角度からの意見をきかせてもらい、行かなかったことで後に後悔はしたくないと思い行くことを決意しました。
 たった半年ですが、考えようでは渡航までの期間の準備しだいで、有意義な半年にすることもできると思っています。留学期間が終わって振り返る時今までで1番色んな経験ができた半年だったと思えるくらい濃い半年にしたいと思います。

半年間思いっきり楽しんできたいと思います(^^)

 今回の相談は就活に関することではないにも関わらず丁寧な返信ありがとうございました。
今後準備をしていくなかでもし行き詰るようなことがでてきたらまた相談させてもらってもよろしいでしょうか。


今回はほんとにありがとうございました。





3 興味の幅が広すぎて困っています。 NEW!
NAME : 西野 2009/02/14 23:59:33 

初めて投稿させていただきます。
今大学2年生で、そろそろ将来のことや、これから所属するゼミでの研究テーマを考えたいなと悶々としております。
私は小学生ぐらいのころからずっと環境問題に興味があり、何らかの形でこれにアプローチできるような職業につきたいと思っているのですが、環境問題の中でも興味の幅が大きすぎて、何から勉強してよいのやらわからなくなってしまいます。

比較的興味が大きいのは、地球温暖化問題に関する世界各国、そして日本の取り組み方が本当に正しいものなのか、本来はどうすべきなのかという点で、その可能性として、日本の省エネ技術の更なる発展やその技術の海外輸出に興味を持ち始めています。

しかし私は文系(法学部)の学生であり、実際に温暖化問題の科学的根拠を研究したり、技術開発の先端に立つことはできません。

いったいどのような方向で勉強し、自分の可能性について考えればよいのでしょうか。



3-2 NAME : koei 2009/02/20 11:05:14 NEW! 

将来の仕事との関係で考える場合、例えば、「省エネ」というテーマ(what)に対して、どのようにアプローチするか(how)を決めていく、ということが重要になるかと思います。

このたびのご相談の内容でいえば、省エネの「技術的発展と海外輸出」ということです。

これを考える上で必要になる知識は、「省エネ製品」に加えて、㈰「物流・貿易」そのものの基本、㈪関連する「国家間の条約や協定」、㈫輸出先国での需要等ではないでしょうか。

1については、業界研究本として本もあります。
2については、まさに法学部の分野ですね。
3については、輸出先の政治・経済、あるいは、環境への国民の意識等を研究されるとよいかと思います。マーケティングの勉強です。

また、こうした「仕事」は何かと言えば、商社等がそれにあたりますから、商社について勉強されてもよいかと思います。

「省エネ技術の開発」は、理系的な領域になりますが、それを「広げていくアプローチ」は、いわゆる人文系の知識や能力が大いに関わります。





18 no_title NEW!
NAME : ecomikan 2011/10/24 20:54:34 

ダブルディグリーが所得でき、環境問題(森林、地球温暖化など)を研究できる英語圏の大学院を探しています。また、大学院を卒業後の就職先も考え中です。何が情報があったら頂きたいです。

広島大学3年総合科学部自然環境プログラムの者です。実験や地域実習を通して、総合的に環境について学んでいます。
長期休みを通して海外にエコスタディーツアーに参加し、ケニアの環境問題に触れ、think globallyの大切さを感じました。
今後の進路について悩んでいます。

特に森林について興味があります。(興味のあるキーワード:環境問題、森林減少、温暖化、国際協力、植林、地域調査、制度・政策、先進国のREEDやCDMなどの政策に対する途上国の住民の反応)

院に行く場合
①海外の院にダブルディグリー所得を目指して進学する
②海外の院に進学し、卒業する
③国内の院で海外に赴いて研究できる大学に進学する
④国内の大学で海外にインターンシップできる大学に進学する

などを考えています。(番号は希望の高い順)

就職は、国立環境研究所などの研究所、JICAなどの国際協力機関、一般企業(海外と取引のある企業)を考えています。

上記の院や就職に関して、何でもいいのでアドバイス頂けたら嬉しいです。
国際協力分野の就職は難しい、海外の院卒は新卒採用してもらえない、ダブルディグリーでは1年しか海外で研究できないなど、色んな話しを聞きます。ですが、若いうちにthink globallyの考え方を身につけたいし、もっと英語力を上げたいので、海外に出たいです。そして、もっと環境問題の実態や、それに取り組む人々の姿をこの目で見たいです。お勧めの国内外の大学院や、企業など、ご存じのことがあったら教えて頂けないでしょうか。よろしくお願いします。




全18件(スレ4+レス14) 1〜18件目表示(スレ1〜4件目表示)


AND OR

- P-Web Board 1.05 -