2011/10/1 キックオフミーティング

世界とつながる私たちの消費
~金属資源にまつわる問題をどう若者に伝えていくか~キックオフミーティング
2011年10月1日@パナソニックセンター東京

去る10月1日に、本プロジェクトのキックオフミーティングを行いました。
プログラムは以下の通りです。

1. 開会・主催団体紹介
2. 協力企業ご紹介
3. 参加者・スタッフ自己紹介
4. プログラム全体説明
5. 講演(1)「電機メーカーにおける資源との関わりについて」
パナソニック株式会社 CSR担当室 有川倫子氏
6. 講演(2)「大湖地域の歴史背景と紛争鉱物をめぐる人権侵害の現状について」
NPO法人テラ・ルネッサンス 理事長 小川真吾氏
7. 教材作成の流れの説明調査
8. 調査項目ブレインストーミング
9. 調査役割分担、調査の進め方の打ち合わせ
10.全体シェア・閉会

1. 開会・主催団体紹介
本プロジェクトの主催団体であるエコ・リーグ(全国青年環境連盟)と
運営主体であるエコ・リーグResource&3R Revolutionプロジェクト(RRR)の
紹介を致しました。

2. 協力企業ご紹介
本プロジェクト協力企業であるパナソニック株式会社様、エデュケーショナル・
コンテンツ株式会社様、エフエムモバイルコミュニケーションズドットコム
株式会社様からの出席者の方々をご紹介いたしました。

教材作成の中で、教材の構成についてアドバイスや発信方法についてのサポートを
行っていただきます。

3. 参加者・スタッフ自己紹介
全国各地から集まった本プロジェクトの参加者同士で自己紹介を行いました。
また運営スタッフの紹介もさせて頂きました。

4. プロジェクト全体説明
本プロジェクトの全体像についての説明を行いました。
1)主要目的
・消費者の利用する家電製品に関して、生まれてくる資源と環境や人権の問題に
向き合う機会とすること。
・学生が社会に出る前に、本質的な社会問題への取り組みを知ること。

2)プログラム概要
・調査インプット⇒教材開発⇒実施・展開という3つの取り組みを行います。

 

 

 

 

 

5. 講演(1)「電機メーカーにおける資源との関わりについて」
パナソニック(株)CSR担当室 有川倫子氏

パナソニック株式会社の有川氏より、電子産業と資源の関わり、直面している問題、
世界の動きや取り組みなどについてお話頂きました。

 

 

 

 

 

6. 講演(2)「大湖地域の歴史背景と紛争鉱物をめぐる人権侵害の現状について」
NPO法人 テラ・ルネッサンス 小川真吾氏

テラ・ルネッサンスは世界の紛争地域で人道支援を行うNGOで、コンゴ民主共和国では、現地NGOと協力して、元子ども兵の社会復帰支援を行っています。

今回はコンゴ民主共和国を含む大湖地域の歴史的経緯、資源搾取や人権侵害の現状や現地での活動の様子などをお話し頂きました。

 

 

 

 

7. 教材作成の流れの説明
ここでは調査やストーリー立てなど今後どのようなスケジュールで教材開発を
行っていくか、簡単に説明しました。
・11月上旬開催予定の勉強会までに、教材に必要な要素の洗い出しを行います。
・勉強会後の各要素に対して深める段階で、その発信方法についても考えていきます。

8. 調査項目の洗い出し
参加者の中で、まず教材開発にあたってどのような項目を調査すればよいか
洗い出しを行いました。要素の洗い出しと整理の結果、以下の5つに集約されました。

・紛争の構造について
・紛争鉱物問題について
・コンゴ民主共和国と周辺についての基本的な情報
・レアメタルを使用した技術、中学生のレアメタルなどに対する認知度
・紛争鉱物問題に対する各主体の取り組み状況

9. 調査役割分担、調査の進め方の打ち合わせ
8.で決定した5つの調査テーマへ、それぞれ3人ずつを調査グループとして割り振り、
そのグループ内部でまた調査の進め方や役割分担を話し合いました。

 

 

 

 

 

 

10.全体シェア・閉会
調査グループ内で話し合ったことを全体へ共有し、キックオフミーティングは
閉会しました。

次回は11月6日(日)に今回決まったグループごとの調査結果を持ち寄り、
報告をすると同時に、コンゴの情勢や企業の紛争鉱物に対する取組のより深い内容を
学びます。

以上