2012/12/26 国際理解についての出前授業

国際理解についての出前授業を承ります

詳細はコチラからダウンロードできます

★ 資源問題などに取り組む大学生がお伺いします
★ テーマは「紛争鉱物問題」
★ 独自に開発したデジタル教材を使用
★ 「総合学習」「理科1」「公民」の3教科の学習指導要領に準拠した内容

この出前授業の目的
これからの社会を担う若い世代へ「紛争鉱物」問題を広く知ってもらうことで、グローバルな視点を持つことの大切さや、持続可能な天然資源利用について考えてもらうことを目指します。また、日常の生活の中で問題解決のために私たちが取れる方策を考えるきっかけを作ります。

紛争鉱物問題とは
スズ、金、タンタル、タングステンなどの鉱物のうち、アフリカの紛争地域から採取される鉱物のことを紛争鉱物と呼びます。

これらの金属は私たちの生活を支える便利な家電製品や自動車などに使用され、製品の小型化や高機能化を支えていますが、その売却益が武装勢力等によって武器などの購入資金に充てられ、紛争激化の原因の一つになっています。その中心的な地域となっているコンゴ民主共和国では、1996年~2002年に起きた紛争で540万人が死亡し、第二次世界大戦以降世界最悪の紛争となっており、その後も多くの虐殺、レイプ等の人権侵害が日常的に行われています。

現在、世界規模でこの問題が取り上げられ、各国政府やメーカーは金属の原産地を公表するなどの対応を迫られています。しかし、日本ではまだ一般にこの問題に対する理解が進んで
おらず、今後メーカーや政府等が対応を進めていく際の障害となると考えられます。そのため、より多くの消費者がこの問題を理解する必要が出てきています。

学習目標


ご協力・出前授業実績

2011年10月に、全国の大学生15名が参加するプロジェクトとしてスタートしました。2012年3
月に教材を完成させるまでの間、以下の方々および組織にご協力を頂きました。

■アフリカの紛争および紛争鉱物に関する情報提供
・NPO法人テラ・ルネッサンス
・国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)元職員 米川正子 氏
・パナソニック株式会社

■教材作成に関するご助言
・東京都杉並区立 和田中学校
・私立 頌栄女子学院中学校
・新宿区教育委員会

■出前授業実績
・東京都杉並区立 和田中学校(2回)
・神奈川県立 金沢総合高等学校
・千葉県船橋市立 法典小学校

生徒の声 東京都杉並区立和田中学校 1年生たち

✓レアメタルと聞くと、難しくてあまり私たちには関係が無いのでは、と思ったけど、ケータイ、テレビ、パソコン、車など私達にとても身近なものだと知った。
✓レアメタルをめぐって紛争をやめさせるために、新しい技術や解決法をつくることが重要だと思います。
✓豊かな生活をしている裏で紛争が起こっているなんて知らなかった。これからは自分にできることを探していきたい。